2009年03月15日

ゲッツ板谷+西原理恵子+鴨志田穣【鳥頭紀行 くりくり編】

相変わらずの3人。

最初の出会いはゲッツ板谷の【ワルボロ】@文庫本だったため
きちんとした作家だと勘違い。
そのうち、脇役の鴨ちゃんがきになり、
鴨シリーズ(文庫になっていた全部)を大人買い。
そしたらなんと、
すでに出会った時点で鴨ちゃんがあっちの人であることが判明。
『死』なんていう、いきなりハイレベルなものにびっくりした私は
もう、3人がいつもどおりガーガー暴れていたり、
ゲッツ板谷氏が無駄なたとえ(しかも的を得ていない)をしていたり
西原嬢が色だけのりまくったお下品ホモネタを漫画にしてたり、
鴨ちゃんが怪電波を受信して繊細な女子高生的発言をしたり、
もう、そういうの見てるだけで
結構いいのかな。。。と。

結局、文庫になっていない
鳥頭紀行とか、遺稿集とかわざわざ借りている段階で、
私はきっとこの3人のことがすきなんだと思う・・・


posted by しゅあ at 12:36| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。