2009年03月15日

島本理生【クローバー】

愛すべきわがまま姉と理系っぽい双子の弟。
コンプレックスがあるから
外見の武装をすることで心の武装をかねる華子に好感。
どう考えてもこのままわが道を突っ走るかと思いきや、
そうかそこに落ち着くのか・・・・

純愛とストーキングってやっぱり紙一重だよなぁ、と、
マジで思いました。

弟君の冬治。
やっぱり誰しも思春期に壁を越えていくものなのだろうか?

人の長所短所って
本当に紙一重。


posted by しゅあ at 23:26| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。