2009年11月13日

島本理生【ナラタージュ】

若干、泣いた。
その青臭さに。

だって、帯が『壊れるほどに、愛した。』だよ?
壊れればいいのに…

でも、本当に悲劇はそんなに人間は弱くないところにあって、
壊れたくてもなかなか壊れないもので、
いなくなるのはそんなに簡単なことじゃない。
重いことを、重く書くのにも才能が必要で、
楽しいことを伝えるのにも技巧が必要で、
重いことを、さらっと書くのも嫌味くさくて、
でも、
どうして、人の心は、
100円いれても100円分かえってこないのだろう?
10円しか入れなくても、
5万円分帰ってきたりもするのに、
どうして、
想いの分努力の分、その対価が返ってこないのだろう?

でも、気づかなかっただけで、
本当はそのときすごくほしかったものが、
実はPayするに余りあるぐらいそこにあったことに、
あとで気づくのはもっと残酷なのかもしれない。





ああ、青すぎてちょっと喰われた。
再読なのにね。


posted by しゅあ at 22:55| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。