2010年05月14日

練習なしで一発合格を狙う外国免許書換B

と、言うわけで必要書類一式用意して、着きましたよ鮫洲。
遠っ。
どうして免許センターとかそういうのって、
アクセスが悪い立地にばっかりあるんだよぅぅぅ。
地元の地方都市もそんな感じだったような・・・

で2階の一番奥に進みます。
ずんずんすすで突き当たり、右の窓口が外免書換用の窓口。
そこでとりあえず整理札をもらう。
そして、待つ。
呼ばれるまで、待つ。
ひたすら、待つ。
ずーーーーーーーーーーーーーーっと、待つ。

待ってる間に、必要書類おさらい。
@JAFで作ってもらった外国免許の翻訳文
A住民票(本籍入り)
B外国免許(有効期限内)
  →書換で何枚か持っているのならあるもの全部。
Cパスポート
  →外国免許と一緒で複数持っている場合は全部。
D申請書用の写真

BとCは、要するに免許取得から90日以上滞在していることが証明できなきゃなので、
あるものは持っていくに越したことはない。
私の場合はビザ滞在だったから、
パスポートは1冊しか持っていかなかったけどね〜。

免許の最初の取得日が書いていないタイプの免許の場合、
現地で運転免許記録的なものをもらってこないといけません。
面倒なので、私はもって行きませんでしたが・・・

で、やっと呼ばれて申請書一式提出。
そして、待つ。
とても、待つ。
ずーーーーーーーーーーーっと、待つ。
その間に、どうも入国スタンプと出国スタンプを升目に書き出し、
ちゃんと90日間滞在していたかガッツリ確認しているらしい。
係員がそれほどいるわけではないのに、
大変な作業だ。

待っている間に、窓口揉め始める。
「仕事があるから、俺の分を早くしてくれ!」だの
「こんなに待っているのなんて、なんかおかしい!」 だの。
まぁ、みんなとりあえず訴える、伝える、怒る、なじる。
ハハハ、外国だ、ここ。

日本のお役所なんだから、無理だよん〜☆
というか、むしろ、君たちを相手にするのに、中の実働人数減るからやめてほしい。
結局、待つ時間が増えるだけじゃんかよ〜##

とか思っているうちに、筆記試験のために呼ばれる。
知らなかったんだけど、
外免書換窓口の中の部屋に通され、一人ぼっちでPC受験。
タッチパネルで回答をしていく方式でした。
内容は至極簡単。
私は、引っ掛け問題とか心配だったから一応500円ぐらいの参考書を買ったけど、
日本で原付とかの免許持っている人はいらないと思う。
ちなみに色々な言語で受けられるらしいので、
日本語が不安な人は、慣れている言語で受けるといいかもね。
交通標識は覚えておいたほうがいいよ〜。

――で、無事満点にて合格。
待つことがほぼ9割で、実働30分ぐらいでしょうか?
暇つぶしアイテムは必須です。
また、会社に午後必ず何時に戻らなきゃいけないなど、
スケジュールに余裕がないときは絶対避けたほうがいい。
すげーーーーーーーーーーーーーー、待つから。

試験に受かったら、
ICカード用の暗証番号を登録し、目の検査。
そして、実技(運転)の試験予約をする。
で、初日終了。

わかっていたけど、めちゃくちゃ試験の予約が混んでいて、
なんと免許失効の前日にしかとれなかったよ、予約(T_T)

どうにかなるか?!
そもそも一発合格を目指すので問題ないか・・・

つづく


posted by しゅあ at 11:12| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。