2010年06月05日

柴田よしき【激流】上下巻

う〜ん、久々の柴田。
やっぱり柴田の真骨頂は、テンポのよいミステリってかんじなのか?
ミステリーとしてのつくりは、
上下巻をまぁまぁ一気読みしたのでなかなかなのかもだけど、
、、、というか、
謎が深まっていく中盤〜下巻の半分までは、
新しい発見や、徐々に高まっていく感はありつつも、
引っ張るだけ引っ張って最後にそれ〜、
あー、まぁ、そんなにがっかり度が高いわけではなけど、
読みながら「ここまで広げてどう回収するんだろう?!」
と、思ってた謎たちが結局そこなのか!感はあったなぁ。

15歳の時に修学旅行中に失踪してしまった同級生の事を、
20年後の35歳であるきっかけを元に思い出す、、、
っていうストーリーなのだけれど、
修学旅行の自由行動中のバスから失踪しちゃったもんだから、
その自由行動の同じ班だったその他同級生6人の物語って事で、
登場人物多いっすッ。

たぶん作者としては、
その変化の多い20年間に人は変わるし、
(何せ15歳→35歳だからね)
でも根本は変わらないし、
大人になった部分もそのままの部分もあって、
奇麗事だけじゃないし、みんなそれぞれ岐路にあるし、
ってなそんなことが書きたかったのかもしれないだろうけど、
20年間も失踪した少女のことを思い続けてる男子も変だし、
というか、いきなり最終話近くで突如居所判明して帰国するし、
登場人物の個々の人生と、人生観の変化と、
本筋の事件と登場人物の一人の設定が刑事なものだから、
そっちがかかわってくる事件も描かれていて、
ついでに過去のしがらみやらなにやら、、、、

個人的な好みの問題なのだろうけど、
もっと絞って、きちんと深く書いている柴田の作品の方が好きだなぁ。

あと、秘密の開示とか事件の顛末に偶然多すぎ。
漫画の「夢落ち」ばりな、、、

と、そんな感想。


posted by しゅあ at 23:01| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。